2017年01月14日

晴海を中心に湾岸、都心の主な開発・再開発スケジュールをまとめてみました

今年から主にオリンピックまでに晴海周辺で行われる、主な開発計画を時系列でまとめました。
バラバラあると相互の関係がよくわからないので、まとめて見たいと思ってましたが、新年のタイミングがいいかと思い作り始めたら、意外に時間がかかってしまいました。
個々の開発計画はHPに載っていますが、全体を見通すものはなく、相互の関係を見たいと思いました。晴海住民なのでここから影響しそうなものを中心にピックアップしています。例えば渋谷では大規模な再開発をしていますが書いていません。時間軸によるまとめは、単に何々が建って便利になり嬉しい、ということだけでなく、自分や家族の将来の人生設計(結婚、出産、入学、退職、物件売却/取得など)とも関係してくるもので重要だと思います。

マンション住民としては、湾岸タワマンの供給状況が気になるところ。そこで、各開発の入居月を月の欄に丸で示しました。最近月島や勝どき、豊洲、有明での再開発の決定、開始が目につきますが、売却や引越しを考えている場合、これらがどう影響するのか?は気になります。
ざっくりした感想:
・今開始した多くのタワマン開発の入居はオリンピックから数年後
・2022年は晴海選手村跡、豊洲の東急物件が重なり大量供給の年になる
・2021、2023年に入居開始物件はない(需要>>>供給=0となるか?)
・八重洲、浜松町など大規模な再開発があるが、これらの竣工は2020年以降で2024年以降に特に多い
・2020年大会後、豊洲、有明(東雲も?)で入居開始となるタワマンは今の所豊洲地区1-1街区しかない。逆に中央区には晴海選手村跡の他、月島、豊海には出てくる。と言っても6〜11年後と結構先。

例えば2017年現在1歳か3歳のお子さんがいて、小学校に上がるときに湾岸タワマンに新築入居したいなと思っていても、そんな物件はないことが確定しています。今後他の計画が決まっても、他の計画のタイミングから推測すると、このタイミングに竣工は難しいでしょう。今からだと、2027年醸造の7年ものと一緒に選手村跡のタワマンに入る、というタイミングが一番早いかな(笑)・・・という見方にも使えます。
八重洲、浜松町などのオフィス供給から湾岸への住宅ニーズがリンクして増える、と仮定すると、選手村跡竣工の2022年からオフィスの供給が増える2024年の間2年ほどがひょっとすると需要と供給のバランスが悪くなる期間かもしれません。その後、持ち直すだろうとも言えますが。

harumi_plans.png

表にある開発一覧:

勝どきザ・タワー
豊海地区第一種市街地再開発事業
勝どき東地区第一種市街地再開発事業
大江戸線勝どき駅大規模改良工事
勝どき東地区地下道・人道橋
月島一丁目西仲通り地区第一種市街地再開発事業
月島三丁目地区再開発
晴海五丁目地区開発計画全体工程
同上商業棟
同上タワー棟
パークタワー晴海
晴海三丁目C2棟(病院)
(仮称)朝潮運河歩行者専用橋
臨港消防署新築
月島第三小学校等複合施設増築及び大規模改修工事
豊洲市場
IHIステージアラウンド東京
豊洲ぐるり公園
(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2‐1街区 AC棟
同上B棟
豊洲地区1-1街区(B街区)東急,NIPPPO,大成有楽 マンション
有明北3-1-A街区
(共同住宅、商業、保育施設、駐車場等)
有明北3-1- B街区
(商業、ホテル、サービスアパート、ホール、駐車場等)
有明北3-1- C街区
(用途: 同上)
湊二丁目
ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
GINZA SIX
八重洲一丁目6地区
八重洲二丁目1地区
常盤橋街区再開発プロジェクト
虎ノ門
浜松町
BRT
品川新駅(泉岳寺)
リニア中央新幹線

posted by haruharu at 11:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

TXと都心湾岸地下鉄沿線物件を対比してみる

東京駅を通りTXと湾岸側地下鉄が接続されたとして、八重洲に今後開発されるオフィスの人たちは、湾岸側、TX側どっちに住もうと考えるのか?を予想してみました。10年も先のことは分からないとは言え、確定している情報から少しでも考えておきたいと思いました。
八重洲の再開発は2020年から2023年までに完成、常盤橋390mビルは2027年完成で、これらのビルに働く方々のできるだけ多くが湾岸に今後立つ大量のマンションに住んで通うようになり受給バランスが取れて欲しいと願うけどそうなるのか考えるのがこのブログの趣旨です。
もちろん、八重洲には他に、都営浅草線、半蔵門線、京葉線、東西線の他、従来の東京駅の中にある路線が走っていますが、八重洲のオフィスから近い位置またはビル直結で、新地下鉄の駅ができると想定して、新駅の方がオフィスに通うのに便利だと想定、希望します。
(仮定、前提条件)
1) 湾岸の地下鉄は仮に東京駅から有楽町、直角に曲がって晴海通りを通りまっすぐ有明に進み、東京ビックサイト東交差点で直角に曲がってビックサイト正面に至る経路としました。駅の位置は説明しませんが、駅名よりすぐわかると思います。ざっくりした見積もりなのでこれでよしとしました。勝どき晴海は600mと近いので一つの駅になるかもしれません。そうするとこの先の駅の所要時間が1、2分短くなるでしょう。他の駅間はほぼ1kmなので2分として問題ないでしょう。
2)東京から秋葉原2kmの所要時間は、TXの駅間が同程度の駅間の所要時間から想定。
3)TXの所要時間は次を参考にしました:
  http://www.mir.co.jp/route_map/tsukuba/timetable.html
4)中古マンション単価は東京カンテイのHPのデータを使用しました。そこにないデータは入れないか、一部ouccino掲載物件から計算しました。

1. 東京駅からの所要時間で対応付け(湾岸部の駅間時間を2分として)
東京駅(駅名は八重洲駅かも)から等時間の駅を左右に並べてみました。
wangan-TX1.png

東京の地下鉄は大抵駅間の時間が2分なので同様に全ての駅間所要時間を2分としました。
山手線の代々木新宿間は非常に近いけどそれでも2分かかるので、これ以下の所要時間というのはないと思われます。通勤時間だけ考えると、右のTXの方が圧倒的に安いからこっちを選択することになります。
(勝どき、晴海)
晴海は浅草に近いけど、南千住と2分違いでどちらかというとタワマンなど大型の物件の少なそうな浅草より南千住がライバルになりそうです。勝どきも同様でしょう。南千住178万円に対して、勝どき(晴海)は306万円と1.7倍も高く、それなら南千住にとなりそうです。勝どきは古い物件も多いので安めに出ている可能性もあり実際住む新し目の部屋はもっと差は大きいかもしれません。
(かえつ有明)
かえつ有明と北千住では、280万円に対して149万円と1.87倍と差は開きます。

この1.7〜1.9倍からある湾岸対TXの差ですが、湾岸にその差を納得できる魅力があるのか?もちろん勝どき晴海は今後新橋虎ノ門にBRTで短時間で行ける様になることや従来の大江戸線で浜松町、六本木、新宿にも行けるメリットはあります。しかし八重洲に通う人にはそれはどうでもいいことです。ショッピング、病院、図書館など生活に必要なインフラ、公園、アミューズメントなどライフスタイル的な施設での比較なども必要です。

2. 東京駅からの距離を元に対比
東京駅から等距離の駅を左右に並べてみました。普通の地価の決まり方に近いので、左右での差は1に比べると少ないです。
wangan-TX2.png

感想など
1) TXは第二の横須賀線(武蔵小杉、新川崎)を生む可能性があるか?
そのためにはタワマン、ショッピングモールが立てられる広い土地、倉庫などがある必要があり、地図で見る限り、おおよそ青井から先に可能性あり。東京→青井駅間は16分と品川→新川崎の13分に近い。青井は古い都営団地の建て替えで再開発されるかも。
2) 湾岸地域は、TXの南千住から青井くらいが対応付けられ中古価格の差が1.7〜1.9倍も高い。普通安い方買うのではないでしょうか。この差に見合う魅力が湾岸側にないと、八重洲再開発のメリットを湾岸は受けられません。晴海選手村跡に一気に供給されるマンション群を埋めるには八重洲は格好の勤務となると思います。街全体での魅力、個々の物件の魅力の総合力が必要です。中央区としては八重洲→勝どき晴海を一体で魅力ある職住の街で開発して欲しい。
3)TXの秋葉原から浅草までは大型物件は少なく湾岸との対応付けはあまり必要ないと思う
4)極論言うとTX側の価格まで湾岸側の価格が落ちる可能性もありますが、湾岸側は東京駅だけに近いのではないので影響は少ないかも知れません。むしろTXの価格上昇の可能性はありそう。
5)TXの物件価格って秋葉原から遠いと単純に下がるのではなく、三郷中央、流山おおたかの森、柏の葉キャンパスはより近い駅より高くなっている。その差も大きい。(三郷中央と一つ手前八潮で1.5倍、北千住より三郷中央が高い)
6)三菱村である丸の内大手町側は地下鉄や地下道直結のビルが殆ど、森ビルが開発する虎ノ門も同様、その他のビルでも六本木ヒルズ、汐留など地下道で地下鉄につながっている。八重洲はこれまでそうなって来なくてそれらよりお安いイメージ。京橋駅がようやくビル直結に。新地下鉄はビル直結にして魅力度を上げるべきで、優先度から言うと常盤橋の日本一ビルがふさわしい。ただし、東京駅から北にずれ過ぎるし常盤橋は千代田区だけど。
7)ズバリ選手村跡マンションの大量供給おまけにTX側と繋がることで湾岸に値崩れが起きてしまうのか?という心配、湾岸側とTX側で所要時間だけで見るとかぶる所は少ないとは思います。でも勝どき晴海は将来も大型スーパーはできないでしょうから、そういうのが欲しい人はTX側選ぶかも。所要時間だけでは検討できない要素はあります。
8)需給バランス考えるのなら、新たにできるオフィスビルのキャパ、湾岸にできるマンションの総戸数を比べてみるのがいいと思うけど、そこまではやれてません。
9)そもそも八重洲の多くの再開発ビルは地下鉄ができる前の2023年までに完成してしまうので、既存の路線沿線に行ってしまい、この新規顧客の波をTX湾岸地下鉄は取り込めないという問題も。



posted by haruharu at 15:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

交通政策審議会小委員会に行ってみた

湾岸に地下鉄が来るか?と期待されている、2016年4月7日開催の交通政策審議会の答申を検討する小委員会に傍聴人として行ってきました。正式名は
「交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会 東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会 (第20回)」
と気が遠くなる様な会議名ですね。

当日の資料は下記からダウンロード可能です。
http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/s304_arikata01.html

メモ書き程度です読みにくくかつ長文ですが、記録として書いておきます。感想や考察らしきものは後でまた別に書きます。
なお、筆者は晴海住民で、役所、鉄道関係者、鉄道マニアなどではありません。

●なぜ傍聴に行ったのか?
・答申ではいくつもの計画が発表されるが、それぞれに対して委員会ではどのように捉えられているのか?報告される資料見るだけでは満足できない。
・大きな予算を使うものだから、よほどの議論がされているはず。委員の生の声を聞きたい。
・交通政策審議会は10何年に1度のビックイベント。2017年時点で自分の住む晴海がとても交通に不便で関心がありたまたま時間が取れたまたま傍聴があったからチャンスと捉えて。

●行くまで
場所は、中央合同庁舎とあるが実際には国土交通省の建物。
入り口は警備がものものしく前を通るだけでも圧倒され心理的な壁が大きいが、ガードマンに行き先を尋ねられ、会議の名前、部屋を言うとカードを作る小屋に案内されあっさり入ることが可能。カード通すゲート付近も警備がものものしい。

●委員会開始前
報道陣テレビカメラ約10 台がずらりと撮影している。一応マイクも立てているが、審議中ではないから使わないかも。 開始直前にカメラは退室させられる。

●出席者
HP (http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/tetsudo01_sg_000256.html)には10名の委員が書いてあるし 小委員会という名前だが、実際は大勢。
委員の席の輪には国交相の関東運輸局部長他委員以上の数が加わる。
他に都道府県などから10名、交通業界から8名、更に国交相の課長、部長なども周りを固め、委員の数の6、7倍の人数となる。
傍聴席は大雑把な記憶で20x20席位?ほぼ埋まっている。空いていた前の方に陣取る。

●議事
まず次の2つの報告が各委員からさらっと行われる。
(1)駅空間・防災WGの取りまとめについて(報告)
(2)遅延対策WGの取りまとめについて(報告)
資料4、5の説明。鉄道の話だけでなく、こういうのもやっていたのか。 ただ早口なのと委員が言うページ番号と資料が合わなく分かりにくい。 時間は短いのだが、再三出てきたキーワード、「駅まちマネジメント」「駅まち会議」更に略して「駅マネ」。これは駅が持つべき機能:バリアフリー、外国人対応、分かりやすさ、災害対策、観光拠点の整備をPDCAサイクルを 実施し解決するというもの。
(資料4より)
まずは、以下の駅について早急な駅マネの実施が期待されるところである。
1 国際競争力の強化に資する鉄道駅 (成田空港駅・空港第2ビル駅、新宿駅、池袋駅、渋谷駅、東京駅・大手 町駅・日本橋駅等(※)、品川駅、浜松町駅、蒲田駅・京急蒲田駅、日暮 里駅、大宮駅、新横浜駅、橋本駅、新橋駅・有楽町駅・銀座駅等(※)、 横浜駅 等) (※)近接している駅については、一体的な取組が望まれる。
2 東京都区部周辺において対流を生み出す拠点となる鉄道駅 (町田駅、川崎駅・京急川崎駅、千葉駅、柏駅、春日部駅 等)
3 高齢者の社会参画や子育て支援等に配慮したまちづくりが必要となる地域の拠点となる鉄道駅
4 東京オリンピック・パラリンピックに対応するための施設整備が必要となる駅
1に橋本駅が出てくる。リニア駅で橋本大発展である。

浜松町駅は確かに、乗り換えが不便で分かりにくい。蒲田駅・京急蒲田駅は離れているのに一体整備となっている。蒲田は変わるね。

(3)答申(案)について
ここが本日の要で、時間も半分以上ここに割かれた。対応する資料1、2、3も量が多い。
内容については、事務局からの説明。
最初に、この小委員会の資料は、「参考資料」平成26年4月18日付け国道交通大臣の「交通審議会への諮問について」への 答申という形を取るとの説明。諮問理由ページには大きめの文字で15行ほど。取り組むべき課題、解決策に盛り込むべき手段、手法などが さらっと書いてる。中にICTの活用の拡大との記載もあるがこれがどうなるのか気になる。しかしこんな 鶴の一声みたいな簡単な文章で皆んなが動き、委員が議論を重ねるのかというのは意外。 もちろん国交相から公表されない情報が多々インプットされるとは思うが。

さて、プロジェクト全体は資料1の2ページ目に一覧されている。
(重要)各プロジェクトの番号はルートの起点が北になるもの順、優先順位などではないとの説明。
とはいえ、上の方にある「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」は重要との位置付けの様で更に 次のように位置付けられている:
 1〜4:空港アクセスの向上に資するプロジェクト
 5〜8:国際競争力強化の拠点となる地域へのアクセス利便性の向上に資するプロジェクト

湾岸の路線はこの5〜8の中にある。
「国際競争力」、このキーワードが付くともはや最強だ。これについて資料2のp12に説明がある。

各プロジェクトについてどの様に検討を行ったかは、資料2のp.21「2.具体的なプロジェクトについての検討結果」に説明がある。短いが濃い内容。定量的な分析を行ったとのこと。需要の見通し、採算性が重要と明記。需要予測が外れた事業再生手続きになった事業者を上げ慎重にとしている。

湾岸住民待望の路線については次:
<6> 都心部・臨海地域地下鉄構想の新設及び同構想と常磐新線延伸の一体整備 (臨海部~銀座~東京)
他のプロジェクトは書いてあることの要点をさらっと読む程度だが、このプロジェクトだけ説明がやや詳しかった。事務局より指摘点として次の説明:
・他のネットワークと繋がっていない。
・分析を行った結果、事業性にそれなりに課題がある
・委員会での提案もあり常磐新線との一体整備を行うことで東京圏の既存ネットワークと有機的な連携ができる共に事業性の確保が図れる

更に資料には次の指摘:
 ・検討熟度が低い
 ・事業主体を含めた事業計画を検討を期待

確かに8プロジェクト中ルートが点線なのは、臨海部と白銀高輪品川の短い路線だけ。

以下、説明が濃くなっていくので頭ではまとめきれず、重要だと思うので録音を元に記載。

24のプロジェクトについて補足説明:
・24のプロジェクトについてはp.33にある様にこれらに限定するののではない。我々が現在入手可能な情報で異議がると認めたもの。今後の事情の変更、あるいは地域における検討が急速に進む場合、このリストが限定的なリストとして作用することが無い様に。
・主に新線、複複線化について検討、定量分析したが、他の輸送力増強などについては具体的プロジェクトを検討するのではなく考え方を整理するという形でp.54に記載。

東京女子大の竹内健藏氏より次の様な発言:
「個々のプロジェクトの進捗に目が行きがちであるが、これらは東京のあるべき姿を実現するための手段。東京全体は鉄道を通じてどれだけ良い都市になっていくかそこを今後重点的に考えていくべきではないか。他の国々の都市との競争力の視点からも。」
これを聞いて非常に救われた気がして来た甲斐があったと感じたが、どうやらこういう視点が今は弱いと確認できたのは残念。まあこれからだ。

最後に事務局より資料にはないが傍聴人がいることへの配慮から委員の議論のまとめの報告というか説明。ここは結構重要だと思う。

a) 前回平成12年の運輸政策審議会答申第18号以降の制度的な変更があった。
・鉄道事業における需給調整規定の廃止
国が全体的な需給バランスを見てプロジェクトの進行管理をしていくという法的根拠は無くなった。
・交通施作基本法の制定
交通に関する施作の推進については、国、地方公共団体、交通関連事業者、交通施設管理者、住民その他の関係者は、基本理念の実現に向けて、相互に連携を図りながら協力するよう努めるものとする。
従来の縦の関係でなく横の関係で交通施作を進めるように変わった。
プロジェクトの優先度、効果発現の時期を国が一方的に決めてしまうことは現在の制度からすると即してないのではないか。

b)かなりのプロジェクトは前回の答申に記載されていながら、着手に至ってない。委員からもなぜ着手されていないかを評価すべきではないかという議論を踏まえ、定量的な分析結果を反映する形で実現に向けて必要な課題という言葉をあえて特記することにより、各プロジェクトの早期の実現を図ることができるのではないか。

c)これらを踏まえ、前回会った優先度(評価)は無くし課題を記載し、こう言う課題を解決すれば実現するよとコーチしている、評価から育成に表現方式が変わったという認識。

d) 24のプロジェクトについて更に細分化してグループ分けすることは適当でない。

(4)パブリックコメントの実施について
下記に方法が記載。パブリックコメントの結果を事務局が整理し報告。
http://www.mlit.go.jp/common/001126954.pdf

●終了
予定90分の所約70分で終了。時間があるのならもう少し細かい議論が聞きたかった。ともかくお疲れ様でした。

(感想)
前回答申にありながら実現できなかったものについてはやはり残念と取られているようだ。
それらがかなり復活しており、前回答申よりはずっと優しくなっていて何とか実現したいとの委員の思いがある印象。後は関係者がどれだけ協力して具体案をまとめるかだ。
特に交通施作基本法に沿って、各自治体、住民(組織他)が進めることに期待。
タグ:交通 地下鉄
posted by haruharu at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

晴海をどんな街にするのか? - 「晴海地区に係る年計画案の作成に向けた説明会」に参加してきました

昨晩、月島第三小学校で行われた、東京都、中央区による「晴海地区に係る年計画案の作成に向けた説明会」に参加してきました。晴海5丁目に関する説明会は、前回確か「環境影響評価書案」の説明会が2月末でしたからその4ヶ月後で頻繁です。オリンピックに向けての整備がいよいよ決まりつつあるのかなという感じです。

参加された方からの質問にはBRT、地下鉄、学校、病院、といった街に必須のインフラについての質問が多いでした。住宅のための街を作るからには当たり前ですね。その当たり前なものが整備されずに昭和30年代位から都の様々な計画に振り回され港、倉庫、大きな操車場、住宅地、展示会会場、清掃工場、トリトンスクエア、空き地それぞれ大規模という相いれないもの同士がダイナミックに入れ替わり立ち代り整備、退場しているのが晴海です。でこれが郊外の埋立地の話かと思うと、都心の銀座にほど近い、という好立地なわけで、非常に不思議な場所でもあります。計画はほぼ全て都、港湾局というお役所のコントロール下にあります。

さて、個人的には「晴海をどんな街にするのか?」という所が一番気になります。インフラ整備は現在は足りてないものだらけですが、これらは時間が経てば整備されるでしょう。しかし、同じようにインフラが整備されている住宅地は都内にはどれだけでもあります。晴海はこれからも人口が増える街です。かつ賃貸住宅も今後も増える為、常に新住民に来てもらわなければなりません。その場合、新しく移り住んでもらうため「どうして他の街ではなく晴海に住むのか?」が大事だと思います。既存住民だけでなく新住民にとっての魅力が持続しなければならないのです。

これを考えるには都の方の説明にあった、「晴海地区の目標」が一番気になるところですl。これが今回変更されました。
A
変更前;多様な年生活に対応した居住機能を導入し、区部における定住人口の回復に寄与する。
変更後:多様な年生活に対応した居住機能を導入するとともに、生活利便施設や公共・公益施設の充実を図り、国際的なビジネス拠点を支える都市型居住ゾーンを形成する。

・・・これまでは特にどんな人という定義はなくともかく人を増やそう、としていた方針から、外資系、大使館等外国から一時的に日本に滞在する職員、家族の住まいをつくるということでしょうか。全部ではないにせよ。

B
変更前:晴海地区の個性と快適性を高め、人間性豊かな市街地の形成に寄与する文化・アメニティ機能や世界都市東京の海の玄関としての国際交流機能を整備する。
変更後:晴海地区の個性と快適性を高め、人間性豊かな市街地の形成に寄与する文化・アメニティ機能や広場、商業、文化・スポーツ・レクリエーション等の国際交流に資する機能を誘導していく。

・・・ここは分かりにくい。広場が国際交流ですか?と思いますが。ざっくり極端に言うと、広尾の有栖川公園に行くとブランコなど遊具で遊んでるの外国人の子供だらけで周りにはその親たちが、近くのナショナル麻布スーパーという高級スーパーに外国居住者向けの商品が一杯、という街にするのでしょうか?全部ではないにせよ。国際交流の対象が晴海埠頭に客船で来る海外からのお客さんではなく、外国人居住者になったのは明確です。晴海埠頭の客船ターミナルとしての機能は終わりです。

ということなのか?晴海はこれまでもそうでしたが、トップダウンで都の意向、都合で街づくりは進められきました。住民は大きなところではそれに従うのみです。今回の方針転換に外国から来たお客さんとの国際交流というより、晴海に外国人居住者が多く住む街と性格を変えたのは注目です。A、Bについてはもう少し突っ込んでこの後書こうと思います。

posted by haruharu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

晴海の前田建設マンション

本日通りかかった晴海の工事中の前田建設マンション。こうしてみると、隣のドゥ・トゥールとデザインというか色使いが似ている。ガラスがブルーのミラーっぽいのも似てる。
しかしこのマンションは分譲なんだろうか?賃貸用なんだろうか?モデルルームがあると聞いたことないし。

56D8AD6F-C026-4461-9709-3455637B2459.jpg2DEA30E8-C365-4BE0-8DB1-D1C9E6DB22AE.jpg
posted by haruharu at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

首都高速晴海線の架橋工事やってたのか

この工事は知りませんでした。
この前、ランニングで橋を渡った時も気づきませんでした。

143メートルの道路を、船で持ち上げ一気に架橋...首都高速晴海線
http://response.jp/article/2015/04/22/249547.html

やっぱ、クレーンで吊り上げたほうが、見ごたえはあります。ゲートブリッジの時のように。
posted by haruharu at 19:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

連合町会、町会名の「之部」「の部」

ツイッターからの投稿だけでなく、たまにはブログを書いてみることにしました。

中央区の町会の一覧表。
http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/komyunitei/tyokaizitikaiitiran.html

見ていて気付いたのは、連合町会、町会の名前に、
(数字)之部
(数字)の部
という名前が目立つこと。
この数字は昔からの住所の区切りなんでしょうか。
月島では大体ざっくり言えば、丁目と一致しています。一部違いますが。
しかし、日本橋は、。。。。
よく分からないですね。日本橋はこの区切りが江戸時代から続いているのかもしれません。
歴史を感じさせます。
posted by haruharu at 03:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

江東区ランニング


image-20130629092050.png
ときどき、江東区にランニングに来ます。先週は有明。
今週は、小松川から荒川を走って来ました。帰りに木場公園でひと休み。江東区は海沿いもいいですが、内陸部の運河沿いの親水公園は道路と立体交差してて、信号で止まらず、ずーっと走れるのがいいです。
posted by haruharu at 09:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

スカイツリーまでランニング

晴海よりすたこら走って、やって来ました。スカイツリー。と言っても、まだ上ったことないです。ごくこの周りだけ、観光っぽい感じ。通りはさんで周りは平然と相変わらずと言うか地元民の街。
image-20130602093211.png
posted by haruharu at 09:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

ベイシティー晴海 スカイリンクタワー見学

2週間ほど前になりますが、URのオープンルームやってたんで野次馬根性で見に行って写真撮って来ました。
やはり新しいマンションって、設備がちょっとずつ良くなっていて、トリトンの今のマンションから引っ越したいなあ、と一瞬思ってしまいます。
ただ、今のところはトリトン直結。これが強みで、これまでも助かっている面があり(特に子育て)離れがたいです。

晴海3、5丁目の方から、トリトンへのアクセスは近いとはいえ、歩道橋があるのが難点。別世界になってます。空中廊下みたいなので繋がると良いな思います。あるいは、歩道橋やめて横断歩道にしてしまうか。トリトンに客呼ばないとー、212Kも抜けたしぃー、という地元民の思いです。

写真は最上階、天井も高い、家賃も高めの部屋です。すばらしい眺めですが、自分が住んで、毎日夜寝る所、と思うとなんか地上から離れすぎてる気分でここに住むって落ち着かない気がします。

CIMG1508.jpg

CIMG1519.jpg


CIMG1522.jpg


CIMG1518.jpg

CIMG1523.jpg
posted by haruharu at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

お台場にアウトレットモールが

最近は、twitter, tumblrにはまっており、ここの更新もちとさぼりがちです。あと、iPhoneからseesaaに写真付きで投稿が簡単にできると良いのですが、そんなやりかたあるのかもよく調べてません。twitterに投稿した方が早い。

さて、tumblrを見ていたら、こんな記事がながれてきました。

「お台場にアウトレット誕生!ヴィーナスフォートが全面リニューアル」
http://www.fashionsnap.com/news/2009/11/venus-fort-outlet.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+fashionsnap-fashion-news+%28ファッションニュース+-+Fashionsnap.com%29&utm_content=Google+Reader

12/11オープンだそうで。ビーナスフォートあまり行く事はありませんでしたが、ちと行ってみようかな。トリトンからバスで行けるし。
posted by haruharu at 16:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

中央区コミュニティーバス「江戸バス」開始

区報のトップにでかでかと中央区コミュニティーバス開始の案内が出ています。
地方都市ではこんなの10年以上前からあるので、住民サービスは都会の真ん中の方が遅れている感じがします。

さて、路線図を見ると、我が家の前を通るのは良いのですが、これにのってどこに行けるか?を見ると、
 今でもバス一本で行ける: 聖路加病院、プラネタリウム
 今までは地下鉄に乗って行くのでちと歩く: 区役所、京橋税務署
築地にも行けるけど、自転車で行った方が早い。乗り継ぎを使ってもう一つの路線に行けるけど、中央区の北側はあまり用事がない。先週、子供の七五三で水天宮に行きましたが、今後はもう無いでしょう。唯一発見したのが、神田駅近くの通っている歯医者。ここから家までのると、コミュニティーバスの2路線をかなり使い切って、かつ100円とお得か。
日本橋の当たりに行くと、銀座通りを走るバス(あれもコミュニティーバスみたいなもん?)もあるので、それと組みあわせて使えるかも。あっちはかっこいいので一回のって見たいと思ってました。

しかし、普段は乗る事なかなかないですね。子供が大きくなって習い事とかに行く様になると使えるのかもしれません。もともとうちのあたりはバスの路線も便数も多くて、さらにジャスコの無料バスまでやってくる。でさらにコミュニティーバスも来る。とてもこのバスが対象にしている「区内交通不便エリア」じゃないから、文句は言えないか。


posted by haruharu at 10:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

リスクマネージメント

前から思っていたんだけど、ららぽーと豊洲って、いざとなれば(例えば店舗の売り上げが芳しくなくテナントが出て行って埋まらないとか、どっか別の所に作るららぽーとと統合するとか、もっというと三井不動産自体が危ないとか)閉店してもいいように考えられているんじゃあないかと。奥の手はいざという時の為にとっておくというもんか。

その理由は
1)一等地はとってある
豊洲駅に近い側に店舗を作って、マンション(パークシティー)は遠い方に作った。いざとなれば駅に近い方が一等地なので売りやすい。海に面して前に遮るものがないのは現パークシティーではこれから晴海の再開発で目の前にマンションが建ち並ぶのより全然有利。高く売れるだろう。(とりあえず今のパークシティー売る時は目の前に何もなかったから買う人もあまり気にしなかっただろう)

2)別館は単独で機能する
別館としてドゥースポーツの入った土地と建物があるが、あれはドゥースポーツ(日本製糖)が権利を持っているとか何か諸事情はありそう。ららぽーと豊洲を畳む場合でも残す。だから道路挟んで別棟になっている。あおきのスーパーやクリーニング等生活必需品の店が入っているのも、マンションを売る為には必要。ららぽーとのような店は無くても生活には困らない。別館にも駐車場があるので、別館単体として残っても駐車場は問題ない。自転車置き場もららぽーとというよりスーパーに地元の人が来るためのものでららぽーと壊しても問題ない。

3)多分、建物は高く付いていない
ららぽーとの建物は、見れば見るほど安っぽく出来ている。特に、エレベータとか看板とかに明らかに「張りました」という感じで素敵な柄の壁紙張ってあるのを見ると安っぽくもない高級でもない独自路線?を感じるが結局安っぽいことに変わりはない。もちろんテナントの店内は豪華に見える様に作ってあるのもあるが、あれはテナントが負担しているだけ。三井不動産として費用かかってない分、壊してもあまり問題ないのでは?

その他、部分的にマンションに変えて行くというのありかも。
三井不動産、うまく考えているんじゃないかなあ。
それに引き換え、晴海トリトンはオフィスビル、住宅と一体化してしまった。先々までよっぽどよく考えないとこんなこと出来ないと思うけど。流行もののイタリアを取り入れてしまった段階で疑問が残るなあ。

ずっと前に書いた、トリトンに地下鉄が来なかった件に続き、しろうとの妄想でした。



posted by haruharu at 05:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

月島のラーメン、太助家

昨日の夜、平日には珍しく近所で外食。風邪気味であまりがっつり食べたい気がしなく、ここらでラーメンという選択をしました。
行ったのは月島に6月に出来たという太助家。月島、勝どきでラーメン店は余り変化がなく、物足りない所がありましたから、これは重要。あまたあるもんじゃの店が一件くらい増えたというのとは訳が違う。

店のお兄ちゃんが、客席で大きなボウル相手に、なにか作業していたので「やってますか?」と聞いてから入りました。

メニューはシンプルでつけ麺を食べてみたかったのですが、会社の冷房で冷えた体を温めたかったので、汁のある普通のラーメン+煮卵+チャーシュー+ねぎ。

ここのは、麺が変わってます。普通にいわゆる「腰のある」という時のねっちりした腰ではなく、ばさっとしてさくっとかみ切れる感じの日本蕎麦みたいな腰。食べててのびた感じになっていかない。
スープもちと変わってる。味は、普通の奴頼んだのだけど、甘め!例えて言うと西京味噌をちょっと入れてみたみたいな馴染みのあるやさしい味。あつあつでふーふー言って食べるわけはなく、そこにこのちょっと変わった麺が入っていると、冷静にラーメン評価する感じになってしまいます。
チャーシューは写真の通り、薄めだけど、脂の所わざわざ焦がしてあるようだ。脂を落としてスープをさっぱりさせてるんでしょうか。
ひとつひとつ技が入っているんだけど、どうもさっぱり過ぎた感が残ってしまった。他のこってりとかつけ麺にチャレンジして見よう。
攻撃的に辛いのとか、ぎとぎと感とか極端な感じなくて、割と女性向きかな?どんぶりもちょっとだけ小振りな感じ。深さはあるのかも知れないけど。

tasukeya.jpg

posted by haruharu at 12:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

東京湾大華火大会

遅ればせながら。東京湾大華火大会の写真をアップ。
IMG_1308.jpg
以前早く行ったら、西日が強くて暑かった経験から6時頃に会場に行ったら、既に一杯。放送で1区画に160名座ってください、と言っていたけど、どうやって数えるのかねえ。来年は早く行こう。
CIMG0906.jpg
CIMG0937.jpg
これが写っていたときは、びっくり!偶然です。肉眼ではどんな風に見えていたのか不明。

CIMG0957.jpg
CIMG0960.jpg
写真はコンパクトデジカメで手持ちでシャッタースピード1秒になるようにして撮ったものです。夜景モードを選んで感度100にしただけで。思うようにはなかなか撮れないもんですが、数とって選べばいい位の軽い気持ちで撮ってました。

posted by haruharu at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

湾岸署ラン

ここしばらくお台場ガンダムがランニングの目標地点だったのですが、ちょうどいいニュースが入ってきました。酒井法子容疑者が湾岸署に留置されたとのこと。湾岸警察ならガンダムから近い。往復でプラス1キロくらいか。
ということで、今朝はガンダムにもちと飽きてきたので湾岸警察目指して野次馬根性でランニング。


wanngannkeisatsu.jpg

wanngankeisatsu-chuukeisya.jpg

ファンが周りを取り囲んで・・・ということもなく、ひっそり。ファンらしき若い女性グループ1組くらい。あとは報道関係が2グループほど。静かなもんですね。まだ7時台と朝早かったからか?

しかし今朝は暑かったあ!湿度は高いし。でも、そんな中でも、ノリP騒動のおかげでランニングにもちょっとしたバリエーションができ、良かった良かった。



posted by haruharu at 10:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

晴海の北端あたり

先日、暴走族逮捕のニュースを見ていたら、押収された何百万円もかけて改造したとの改造車の写真が写ったとき・・・、背景に見慣れたマンションにピンときました。そう、あれは豊洲のパークシティーにそっくり。ということは位置関係からあそこだ。とグーグルマップを見たら、やはり。晴海の北の端辺りに警視庁の交通機動隊の施設が。
以前から、このひっそりした辺りは何があるのか?と思っていましたが、こういう所でしたか。なぜぽつんと一軒だけ晴海唯一の戸建て民家があるのか?の疑問も解けたような。

晴海、奥が深い・・・
posted by haruharu at 05:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

京湾大華火祭2009の入場整理券、届きました!

東京湾大華火祭2009の入場整理券、届きました!

nanakosos2525-img600x380-1249035544glbagt40420.gif


大人1名につき(小学校未満の)子供1名が入れる。これは知らなんだ。無駄に申し込んで余ってしまった。「オークションに売るな」、と書いてありますが、既にヤフオクに出てます。実は上の画像はヤフオクからとってきた・・・。めんどいから、ヤフオクには出さない。
posted by haruharu at 05:10| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ららぽーと豊洲にスポーツ用品店XEBIOが出来た!

以前からららぽーと豊洲あんなにでかいのに、スポーツショップのスの字もないのかと諦めていましたが(実はFILAのウェアというかアパレル中心の店があったのでスの字くらいはあった。)、ついに出来ました。XEBIO(ゼビオ)。開店して3週間ほど経ちましたが、いいですねここ。広くて何でもある。ハンズの半分をこの店にしたのですが、ハンズの半分ってこんな広かったんだ。今思えばハンズって半分になってもあまり困らない。無駄に広かったなー。丁度、夏でちょっと田舎に旅行する事もあり、子供用の海で使うものやらシャツやら他いろいろ買いに何回も行きました。ランニング関係も充実している。晴海に近い側にあるのもよい。

逆にアソビットシティがなくなり、子供向けの店がなくなり、子供は「ららぽーと、つまんない」、と言うようになりました。子供服の店はいっぱいあるけどそれはママが客ですからね。
posted by haruharu at 04:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

マンションそっくりさん

さあさ、2つの写真は別々のマンションです。どっちかが豊洲に建ったマンションだよ。
さてどっちでしょう?

sokkuri-toyosu.jpg

sokkuri-osaki.jpg





どっちか:大崎ウェストシティータワー
もう片方:シティタワーズ豊洲ザ・ツイン


posted by haruharu at 14:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 晴海周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする